色々なFX口座を開設する

■FX口座によって違うサービス
FX口座は一つ一つが違ったサービス内容となっており、それぞれが魅力的です。
取引ツールなどの取引に直結する部分などは口座によって大きく変わるポイントであり
実際に使ってみないと自分に合うかどうかというのが分からないというのも事実です。
そういった事も含めて、複数のFX口座を持つという事は悪いことではなく、寧ろ良い事でもあります。
■口座開設費、維持費無料を生かして複数のFX口座を持つ
当サイトに掲載している業者での口座開設は全て無料となっています。
口座維持費もFOREX.comを除いて全て無料となっていることから、いくつ口座を開設してもお金はかかりません。
そのFOREX.comに関しても、取引をしていない口座から管理費用という名目で口座資金から差し引かれるだけなので
取引を行っていればそういった費用を取られることもなく、取引をしないのであれば資金を引き上げれば問題ありません。

複数の口座を持つ事によるメリット

■口座によって違うツールを体感
FX口座の大きな特徴の一つである取引ツールは、複数口座の分を触れるようにしておくと何かと役に立ちます。
普段のメイン口座には無い機能を持ったツールなど、使えるようにしておけば取引の大きな武器になります。
■口座開設者限定コンテンツを有効活用
現在では、色々な業者で口座開設者向けのサービスを展開しています。
相場展望や相場情報、テクニカル分析など色々とありますが、情報は大いに越した事はありません。
口座開設者であれば無料で見られるという情報であるなら、しっかりと見ておくと良いでしょう。

いざという時に助かる別口座での運用

■万が一の時のリスク管理
FX業者のシステムは完璧なものではありません。
頻繁に起こるようなところは論外ですが、稀にシステムがダウンしてしまうという事もあります。
数秒間であれば問題ないことが多いですが、数時間に渡るものになった場合などは大変なことです。
その間は、当然ですが注文は出せません。
そればかりか、入力済みの指値や逆指値注文も執行されない事がほとんどです。
相場が大きく動いた時にシステムがダウンしてしまった場合など、どうする事も出来ないのです。

これは「リスク」のうちの一つとなり、オンライン取引をするうえでは必ず付きまとうものとなります。
こういった「システムリスク」に対しては、別口座での運用という形で資産を守るという事ぐらいしか対策はありません。

例えば、メイン口座で買いポジションを持っていたまま相場が急落し、システムがダウンしてしまった場合。
暫く待ってみてもシステムが復旧する兆しがなく、相場はまだまだ下がっているとしたら・・・

1.別口座にクイック入金で資金を入金
2.メイン口座と同じポジションサイズで同じ通貨ペアを反対のポジションで新規建て

これで一応は両建てということになるため、口座は別々としても自分自身の資産は凍結させることが出来ます。
もしポジションサイズが厳しく、急落に耐えられずにシステムがダウンしたままロスカットを迎えたとしても
別口座の反対のポジションが利益を生んでいるので、両建て後の損失は抑えられやすくなります。

システムのダウンというのは数ヶ月に一度などの頻度で起こるものでもなく、本当に稀なものです。
しかし、長く取引をしているとそういった事は一度は遭遇してしまうものでもあります。
その時はパニックにならず、業者に当たらず、しっかりと自己防衛をする事が大切です。
ネットなどでシステムがダウンしたという事を書いたり見ている暇があるなら、1秒でも早く別口座で両建てをし
そのままその値動きで新たな収益を生むように取引に励むべきなのです。

↑ ページの上部へ

FX人気口座比較メニュー
スプレッドでの人気口座比較
人気の1000通貨単位取引で比較
新規口座開設特典で口座比較
FX人気口座総合ランキング

FX人気口座開設メニュー
FX口座開設の手順
素早いFX口座開設手続き
複数のFX口座開設

FX人気口座基本情報
初回入金額とロスカット比率一覧

FX口座関連情報
FX口座関連ニュース・コラム

高リスクについての警告:外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。