1. 人気のFX口座を比較|人気順で見るFX口座ランキング>
  2. FX口座関連ニュース・コラム>
  3. FX口座関連コラム - スワップの差が無いFX口座について

金利差調整分であるスワップポイント

■高金利通貨の買い持ちが美味しいスワップポイント
株で言うところの「配当」に似ているようで大きく意味が違うFXのスワップポイントは、一般的に高金利通貨を買って低金利通貨を売ることで、金利差の調整分として決められた金額を毎日受け取る事が出来ます。
FXでオーストラリアドルなどの高金利通貨が人気なのはこのためで、スワップポイントを目的としたスイングトレードなどもまだまだ人気があります。

プラススワップとマイナススワップ

■スワップ差は業者によって様々
高金利通貨を買っている場合は毎日スワップポイントを受け取る事が出来ますが、逆に高金利通貨を売って低金利通貨を買っている場合は、毎日スワップポイントを支払う必要があります。
口座残高から自動的に差し引かれていき、そのポジションの決済時に確定損失として計上される口座が多いです。

一般的に、高金利通貨の買い持ち時のプラススワップと、売り持ち時のマイナススワップでは、マイナススワップの方が数値が大きくなっています。
例えば買いで一日80円のプラススワップ、売りでは一日85円のマイナススワップといったようなバランスとなっており、同じポジションサイズで両建てなどをした場合は毎日スワップ差の損失が発生してしまいます。
これは業者や口座によるものなのでどうしようもありませんが、中にはスワップ差のほとんどない口座というものも存在します。

スワップ差のほとんど無いFX口座

DMMFX スワップポイント■取引所取引と同様のスワップポイント
スワップポイントは日々の情勢などにより変動していますので、僅かに差が生じてしまう事も有り得ますが、基本的に以下の2口座についてはプラススワップとマイナススワップの差がありません。

DMMFX
(EUR/USD原則固定0.6pipsなどの低スプレッドで人気)
外為ジャパン
(USD/JPY原則固定0.2銭の業界最低水準スプレッドが1,000通貨単位から取引可能)

右上の画像はDMMFXの一部通貨ペアのプラススワップとマイナススワップの表となりますが、やはりどれもスワップに差がなく、両建てで持ち越しなどをした場合でもマイナススワップにより収益を圧迫してしまうという事が起こらないようになっています。
持ち越しなどをされる方はどうしてもマイナススワップが気になるところでもありますので、こういった基準で口座を選んで見るというのも良いのではないでしょうか。

↑ ページの上部へ

FX人気口座比較メニュー
スプレッドでの人気口座比較
人気の1000通貨単位取引で比較
新規口座開設特典で口座比較
FX人気口座総合ランキング

FX人気口座開設メニュー
FX口座開設の手順
素早いFX口座開設手続き
複数のFX口座開設

FX人気口座基本情報
初回入金額とロスカット比率一覧

FX口座関連情報
FX口座関連ニュース・コラム

高リスクについての警告:外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。