FXとはどういった取引でどうやって収益をあげていくものなのか

FXとはどういった取引でどうやって収益をあげていくものなのか

これからFXを始めようとする人にとって、「FXとはどんな取引なのだろう」と思う部分があります。

 

何となくは分かっていてもいまいち分からないという方も少なくないのがFXです。

 

そこで、FXとはどのように利益を上げる取引なのかについて、分かりやすく紹介します。

 

FXとは通貨の交換で利益を得る取引

FXとは、「Foreign Exchange」の頭文字をとった略称で、日本語では「外国為替証拠金取引」と呼んでいます。

 

「外国為替証拠金取引」を紐解けば、FXとは何かが少しは分かるのではないでしょうか。

 

外国為替とは簡単に言うと外国通貨のこと、証拠金というのは取引額の一部のことです。

 

外国為替証拠金取引とは外国通貨を取引することなんですが、これだけではFXとはどんな取引をするのかが分からないかもしれません。

 

そこでここからは、FXとはどのように利益を得るのかを見ていきます。

 

FXとは「為替差益」で利益を得る取引

FXとは利益を得る方法にが大きく2つある取引で、そのうちの1つが為替差益で利益を得る方法です。

 

為替差益といわれてもピンと来ないと思いますので、実例を挙げて説明します。

 

テレビのニュースなどで、「本日の円相場は1ドル=100円」という言葉を見聞きすることがあります。

 

1ドル=100円の時に1,000ドル買うと、日本円で10万円の出費になります。

 

数日後、ニュースで1ドル=110円と発表されたタイミングで、数日前に買ったドルを売れば、日本円で11万円が懐に入ってきます。

 

「11万円-10万円=1万円」となり、この1万円が「為替差益」です。

 

ちなみに、1ドルが100円から110円になると、円の価値が下がったと判断され「円安」と呼ばれます。

 

FXとは様々な方法で為替差益を得られる

日本円で外国通貨を買い、しかるべきタイミングで外国通貨を売って日本円を得るのは、為替差益を得る基本です。

 

上記の例のように円安の時であればいいのですが、円高の状態ではこの流れだと損をしてしまいます。

 

FXとは様々な取引方法があるのが特徴で、円高の時は「空売りしてから買う」という方法もあります。

 

例えば、1ドル=100円の時に、実際には購入していない1,000ドルを売ります。

 

売ることによって10万円が入ってきますが、空売りで終了というわけにはいかないので、買わなければなりません。

 

1ドル=90円のタイミングで1,000ドルを購入すれば、9万円の出費となります。

 

順番こそ異なりますが「10万円-9万円=1万円」となり、円高であっても1万円の為替差益を得られるのです。

 

FXは「スワップ収益」で利益を得る方法もある

FXとはどういった取引でどうやって収益をあげていくものなのか

為替差益以外に、FXとは「スワップ収益」で利益を得る取引でもあります。

 

スワップ(swap)とは「交換」という意味ですが、FXの世界では高金利の通貨と低金利の通貨の金利差です。

 

国が借金をする際、借金相手には元本以外に利子を付けて返済します。

 

これが金利で、信用が比較的高く返済も確かそうな国は低金利、信用がイマイチで返済に不安がありそうな国は、多くの人の金を借りてもらうために高金利にする傾向があります。

 

例えば、トルコリラと日本円の場合、トルコリラを金利8%、日本円を金利0.1%としましょう。

 

この場合、トルコリラを買って日本円を売るだけで、金利差である7.9%がスワップ収益として発生します。

 

円高であろうと円安であろうと、スワップ収益には影響を及ぼさないのが、FXの面白いところです。

 

ただし、逆にトルコリラを売って日本円を買うと、7.9%のスワップを支払わなければなりません。

 

様々な方法で収益を上げる機会があるFX

FXとは外国為替証拠金取引のことで、簡単に言うと通貨の売買で利益を得る取引です。

 

通貨の売買で利益を得る方法には、為替相場の変更によって利益を得る方法と、通貨の金利差によって利益を得る方法の2種類があります。

 

また、買ってから売るだけでなく、売ってから買うというような通常ではありえない取引があるのも、FXの大きな特徴です。

ページの先頭へ戻る