FXはなぜ勝てないのか?変な情報に踊らされていればいつまで経っても勝てないまま

FXはなぜ勝てないのか?変な情報に踊らされていればいつまで経っても勝てないまま

FXを始めてみたけどちっとも勝てない、勝てる道筋すら見えないという方はとにかく多いです。

 

何らかの資格や知識も必要なく、口座さえ開設すれば誰でも始められる参入障壁の低さがある分だけ、FXは勝てない、勝ちにくいというのは正直なところは正しいことです。

 

ただ、それ以上に自分自身で勝てない方向に、勝ちにくいような無駄な知識を増やしてしまって、頭でっかちになってどんどん勝てなくなるという方も非常に多いです。

 

ネット上にある勝てる情報なんて嘘ばっかり
FXで勝てない方が「FX 勝てない」などと検索をしてみると、勝てない理由はなぜかといったものやら、勝てるようになるためにはといった情報がどんどん出てきます。

 

これはGoogle検索だけに限らずyoutubeなどの動画配信サービスやツイッターをはじめとするSNSにもよく見られ、しっかりと見ればFXで勝てるようになると錯覚をしてしまうほどです。

 

しかし、これらの情報を見たところでFXで勝てるようになることはないでしょう。

 

ネット上の情報に踊らされてたらずっと勝てないまま

FXで勝てない、勝てるようになるためにはというネット上の情報の多くは、損切りや資金管理をしっかりしましょうなどといったことが書かれています。

 

よくあるのが損切りラインを決めていないのが悪い、レバレッジをかけすぎているといったあたりでしょうか。

 

あとはリスクリワードや手法などといったことも書かれている場合が多いですが、これらの情報だけで勝てるようになるわけがないのです。

 

損切りをするなどはFXの基本でしかない部分

損切りラインをしっかり決めましょう、塩漬けはしないようにしましょうというのは、FXで勝つために必要なことではなく、FXを始めるにあたっての基本的なルールでしかありません。

 

それができて勝てるようになるわけではなく、できていなければスタートラインにすら立っていません。

 

それなのに損切りラインを決めること、一日当たりの損失をコントロールすることなどがもっともらしく書かれていると、それを守ればFXで勝てるようになると錯覚をしてしまいます。

 

取引スタイルによっても変わってくる
資金管理が悪いというのも勝てない理由でよく見られますが、これは取引スタイルによって大きく変わるので一律で決めることなどできるわけがありません。

 

超短期的な取引となるスキャルピングを行う場合であれば、数pipsや場合によっては1pip未満でも利食いをしていくような取引になるので、全力で張っていかなければ資金が少ないうちは数円から数十円程度の収支になります。

 

ずっと画面に張り付いて取引をして、その結果が数十円程度の収支って、真面目にFXできますかという話なのです。

 

トレードルールを作ろうなんてのも難しい

勝てない人が勝てるようになるためには、トレードに対してのルールを作りましょうというのもよく見かけます。

 

例えば資金の何%の損失が出たら終わりとかは多いです。

 

負ける日というのは何をやっても負けることがあるのでこれ自体は間違っていませんが、明確すぎるルールというのはかえって自身の取引を見失うことにもなりかねません。

 

取引の仕方でのルール決めは危ない
新規注文をする際には損切りができなくなることがないように、自動逆指値を一定の幅で設定する、一度設定した逆指値は変えないといったルールは良いです。

 

それはルールというより注文時の設定のようなもので、そういったものではなくこれはダメ、あれはダメといったようにガチガチにルールで固めてしまうと、何の身動きも取れなくなります。

 

それでもそのルール通りに何とか取引ができたとしても、うまくいかずに損が出てしまえばルールを破ることは目に見えています。

 

ルールは定めても意味がない場合がほとんど

トレードというものはどうしても感情が入ってきます。

 

感情を捨てて冷静にとかは無理な話で、億単位で収益を上げるトレーダーも、プロトレーダーも感情によって取引内容はブレてきます。

 

感情によってブレればルールなんてものはあってないようなものになるので、ルールを定める、ガチガチに決めるというのは、実際には何の意味もありません。

 

ルールと自分なりの手法を混同しない
トレードルールとトレードにあたっての手法というのは、当然ですが同じではありません。

 

自分に合う手法を考えるというのは大事ですが、ルールは手法にはならないので、細かくルールを決めてもどうにもなりません。

 

ルールを決めれば大きく負けなくなる、そのうち勝てるようになるというのは幻想で、結局は負けが込んでルールを破って大負けをするというパターンがほとんどです。

 

割とひどい情報も普通に転がっているのがネットの怖さ

FXはなぜ勝てないのか?変な情報に踊らされていればいつまで経っても勝てないまま

FXで勝てないと悩んでいる人は、言ってみれば標的にされやすいです。

 

SNSを見てみると、フォロワーが数万のアカウントがFXで勝った履歴などをあげて、そこには多くのリプライがついていたりします。

 

FXで勝てない人がこれを見てコンタクトを取ってみると、FXで勝つための情報などといって商材を売りつけられ、何の役にも立たないものに数万円や数十万円を支払ってしまうという被害も非常に多いです。

 

SNSのフォロワー数や動画の再生回数は信用しない

FXで勝つためのヒントを求めているなら、SNSのフォロワー数や動画の再生回数などを基準にすべきではありません。

 

SNSのフォロワー数が多かったり動画の再生数が多いアカウントというのは、FXで勝って稼いでいるのではなく、FXを使って稼ぐのが主目的である場合が多いです。

 

FXのトレードを生業としている本物のトレーダーは、自身の承認欲求を満たす場合を除けば、必要以上にフォロワーを集めたりなどする必要がないのです。

 

テクニカルの勉強という無駄な時間

商材の購入までいかないとしても、ネット上での「勝てないトレーダーが勝つためには」のような情報は本当に使えないものがほとんどです。

 

中にはテクニカル分析を知らなすぎている、勉強不足などといったページもありますが、テクニカルは勉強しても結局はほとんど使いません。

 

テクニカル分析というのは言ってみれば誰でもできるもので、それを勉強して勝てるならFXで勝てないと悩む人が多くなるはずがないのです。

 

テクニカルが使えないというわけではない

テクニカル分析が完全に使えないというわけではなく、必要以上に知っても意味がないということです。

 

知っておきたいのは移動平均線、あとは好みでボリンジャーバンドや少し長い足なら一目均衡表などもよく見られています。

 

テクニカルはマニアックなものを勉強しても何の役にも立たず、みんなが見ているものを見ないと使い物になりません。

 

それよりも価格の推移がこれからの値動きにどう影響するかを学んだほうが、確実に今後に役立つことでしょう。

 

大衆と違うことをやれということの間違った認識

FXで勝てない理由の一つに、みんなと同じことをやっていませんか?などというのもあります。

 

たしかに同じことをやっていれば同じように負けるので勝てないままですが、だからといって特殊過ぎるやり方をしても勝てるようにはならないでしょう。

 

テクニカルの話の続きにはなりますが、例えばパラメータを変な数字に変えたりなどです。

 

みんなと同じように見ないと意味がない

テクニカル分析の基本とも言える移動平均線は、多くの場合で5や10、20、75、200、900などが使われます。

 

20はボリンジャーバンドのセンターラインが21になることが多いので移動平均線も21で使う方もいますが、大体はこれらの数字が移動平均線の基本となります。

 

例えばこれを3や8、17、53とかにしても、そんなラインは誰も見ていないので何の意味もありません。

 

同じように見てどうやって賢くやるか

他人と同じことをやってるから勝てない、違うことをやらないと勝てないと思って、特殊なやり方をしても、それでFXで勝つことは難しいです。

 

基本的なチャートや値動きというのはみんなと同じように見る必要があり、その中でどうやって賢く取れるところを取っていくかということです。

 

ここは売りに見えるけどみんなも売りで見ているだろうから敢えて買いだと思って買っても、それはうまくいかない可能性が高いです。

 

FXで勝てない一番の理由は勝てるようになるまでやれないから

FXは勝てないといった検索をする方の多くは、FXを始めて間もないのではないでしょうか。

 

まだ数か月ほどや、もしかしたら1年ほどは経過をしているかもしれませんが、何年もFXをやっていてなかなか勝ちきれない場合には、その理由をわざわざ検索しようともしなくなります。

 

始めて間もない頃というのは勝てないことがほとんどで、今では勝ち組と言われるようなトレーダーのほとんども、数年間は勝てない期間を過ごしているのです。

 

勝てない理由は自分のトレードに詰まっている

ここまでFXで勝てない理由のようなものも少し書きましたが、結局、勝てない理由というのは取引スタイルにもよるので自分自身以外には誰にも分かりません。

 

逆に言えば自分自身のトレードをしっかり振り返る、どういうときに負けているのかを徹底的に分析をすることで、勝てない理由のような、どうしたら改善できるのかのヒントのようなものが掴めることがあります。

 

あとはそれを繰り返してひたすら経験を積み、自身を振り返りながら勝てるようになるまでコツコツとFX経験値を稼いでいくしかないのです。

 

FXで勝つため、勝てるようになるための近道などありません。

 

勝てるようになるまで頑張れるかどうか

FXは90%だかそれ以上だかの人が負けていると言われています。

 

世界中の銀行やら機関投資家やらの大口の資金が飛び交っている中での取引となるので当然な部分もありますが、それに堪えて勝てるようになるまで頑張れるかどうかが、最終的に勝てるかどうかの分かれ道ではないでしょうか。

 

ただ、残酷なことにFXは頑張ったからといって、努力をしたからといって必ず報われるというものでもありません。

 

いくらやっても勝てない人は勝てないままなので、何年も勝てないままならどこかで諦めることも必要かもしれません。

 

勝てるようになるまで真剣にやるしかない

FXで勝ちたいなら、勝てるようになるまでやってみるしかありません。

 

それでも勝ち筋が見えないなら、人には向き不向きがあるのでFXは向いていなかったと思うしかありません。

 

しかし、こういったことはどこにも書いておらず、見れば誰でも勝てるようなことばかりが書かれています。

 

それを信じていつまでもFXに時間と資金を垂れ流しても最終的には失うものが多すぎるので、勝てないと判断したなら踏ん切りをつける、それまでの間はひたすら真剣にFXと向き合っていくというのが、FXで勝てるようになるための真実です。

◆当サイトは掲載各社の紹介を行っております。
◆スワップポイントの記載があるものは2021年1月21日時点のものとなります。
◆掲載情報につきましては万全を期しておりますが、スプレッドやスワップポイントなどはその内容を保証するものではございません。
◆ご利用前には各公式サイトで最新情報をご確認ください。
運営会社情報