必要以上に大きな収益を狙いにいくとかえって勝てなくなる

必要以上に大きな収益を狙いにいくとかえって勝てなくなる

少ない資金でFXをやっている方にありがちなことが、一回のトレードで大きな収益を狙おうとすることです。

 

もちろん利が伸ばせるなら伸ばしたほうが良いのですが、そういった意味ではなく、もとの資金が少ないからとそれに対して大きな収益を狙おうと考えてしまう方がいます。

 

例えばFX資金に1万円しか使えないという方の場合であれば、1万円じゃ大きな儲けは期待できないからと無理なトレードをすることがあります。

 

その代表例が、海外口座の使用です。

 

少しずつ増やしていくのがFXの基本

FXは高いレバレッジがかけられることで、一気に資金が増やせるという勝手なイメージができあがっています。

 

個人口座であれば国内で25倍までのレバレッジ、つまり資金に対して25倍の金額までのトレードができるため、少ない資金でもトレード自体が可能となる仕組みです。

 

ただ、FXでの収益というのは一気に大きく上げるものではなく、基本的に少しずつコツコツと積み重ねるものです。

 

10万円の資金が明日には20万円、明後日には40万円、さらに次の日には80万円などといったように、倍々に増えていくものではありません。

 

そこを履き違えてしまうと、FXで勝つことは難しくなります。

 

無理な収益を期待して負けていく人が多い

高いレバレッジ=資金が倍々になるほどのトレードが可能と勘違いをしてしまうと、意外にも金額が大きくならないトレード結果に残念に感じるかもしれません。

 

10万円の資金で1万通貨単位、取引する通貨ペアによっては2万通貨までは張れますが、この規模だと一日で動く金額はかなりうまくいってもせいぜい数千円です。

 

万単位で収益が上がることはほぼなく、基本的には数百円での収益を積み重ねることになります。

 

たぶんですが、FXに抱いていたイメージとは大きく異なるのではないでしょうか。

 

その金額の小ささに嫌気がさしてしまい、もっと大きく取りたいとさらに高いレバレッジをかけられる海外口座を使いだす方が後を絶ちません。

 

さらに少ない資金の1万円や数万円でFXを始める方も、大きな収益を期待して海外口座を使うことがあります。

 

こうなってしまうとさらに勝てません。

 

そもそもが海外口座は日本の法律を守っていないものとなり、勝つ勝たない以前の問題です。

 

SNSなどの海外口座の使用に騙されてしまうと、ただただお金を吸い取られるだけになってしまうのです。

 

増える割合で考えればこんなに優秀なものはない

10万円の資金でトレードをしても数百円の収益となると、いつになったら大きな収益があげられるのかと嫌になってしまうかもしれません。

 

しかし、単純に考えて10万円の資金に対しての数百円というのは、割合で見るとものすごく大きな金額です。

 

元本が保証されていないリスクがあるとはいえ、これほどまでの割合で増えるのはFXや株などの投資、投機の魅力です。

 

また、FXは収益をあげた額でさらに大きく取引ができるいわゆる「複利」での運用が可能です。

 

もとは10万円の資金でもコツコツ積み重ねて15万円まで増えれば、10万円のときには2万通貨までしか張れなかったものが、15万円になれば3万通貨が張れる通貨ペアも出てきます。

 

この調子で複利をきかせながら増やしていくと、もとは小さな金額でも気が付けば大きな枚数を張れるようになっているものです。

 

それがFXなのです。

 

毎日コツコツと積み重ねていくことが大事

必要以上に大きな収益を狙いにいくとかえって勝てなくなる

FXで勝ちたいなら、まずは一発で大きく取るという考えを捨てることが大事です。

 

それか、一発で大きく取るトレードをしたいなら、それに見合った手法を考える必要があります。

 

それもなくただ1トレードあたりの金額を大きく動かしたいからと、法を守らない海外口座を使ったところで、100%といってもいいほどに勝てるチャンスはありません。

 

FXで勝ちたいなら毎日コツコツと、それこそ数十円でも数百円でも少しずつ積み上げていくしかないのです。

 

複利をきかせていけばコツコツがすごい額になる

数十円、数百円を増やしていってもどうにもならない、先が見えないと感じる方のために、簡単な皮算用の結果を載せておきます。

 

あくまで皮算用なのでただの計算結果にしかすぎませんが、コツコツと積み重ねることの重要性が認識できれば問題ありません。

 

▼資金10万円スタートで毎日0.5%ずつ勝った場合
5年と9か月ほどで1億円達成

 

▼資金10万円スタートで毎日1%ずつ勝った場合
2年と10か月ほどで1億円達成

 

スタート時の10万円に対する0.5%は500円、1%は1,000円です。

 

少ないと思っている数百円の収益でも、それを積み重ねて複利をきかせて0.5%ずつ増やしていくと、数年後には1億円にいくというのが皮算用です。

 

1%ずつの積み重ねならさらに早く、少しずつコツコツと積み重ねていくことで将来的に大きな収益があげられるようにもなるのです。

 

これが、一発で大きな収益を狙って無理なトレードになる海外口座を使ったりすると、残念ながらチャンスが巡ってくることはありません。

 

皮算用は鵜呑みにしないこと

皮算用はあくまで皮算用であり、実際のトレードには無理な部分だらけです。

 

あくまでコツコツ増やしていくことのイメージが掴めれば良いだけなので、この結果を鵜呑みにしてはいけません。

 

ただ、それでもコツコツと少しずつ増やしていくことが、FXで大きな収益をあげるためには必要となるという点には違いはありません。

 

FXで勝ちたいなら、少しずつでも積み重ねて少しずつ資金を増やしていくしかないのです。

 

小資金でどうにもならない場合には

そうは分かっていても資金が少なすぎると増える気がしない、トレードに身が入らないということもあります。

 

そういった場合にはいったんは1,000通貨単位での取り扱いがあるFX口座を使い、最小単位でのトレードをしてみると良いでしょう。

 

1,000通貨単位でのトレードで練習をしながら、FX資金を少しずつ貯めていくのもありです。

 

毎月の給料から使っても良い分、仮に負けてしまっても問題がない分を入金、または別で保有をしておいて、最小単位でのトレードで練習をすることで今後に繋げます。

 

この間はできればFX用資金での大きな枚数を張ったトレードはしないようにして、最小単位での1,000通貨でのトレードに専念することをおすすめします。

 

最小単位でのトレードである程度の結果が残せるようになる頃には、毎月貯めたFX用資金もかなりの金額になっていることでしょう。

 

そこからがスタートラインです。

 

貯めたFX資金でこれまで最小単位でのトレードで学んだことをフルに使いつつ、収益をあげていくのです。

 

できればデモトレードではなく最小単位でやりたい

小資金で少しずつ貯めながらやる場合には、デモトレードで練習をするという手もあります。

 

ただ、できれば少しでもリアルなお金を動かす緊張感は欲しいので、デモトレードではなく小単位、1,000通貨でのトレードをしたいものです。

 

それにデモトレードはレートの配信がリアルと違っていたり、約定も不利なく通るという部分があるため、どうしてもリアルな環境とは異なってきます。

 

少しの違いが実際には大きな違いとなるので、練習はデモトレードではなく最小単位のリアルトレードが良いのです。

 

今では1,000通貨単位でのトレードができるFX口座も多くあり、いくつかの口座を使ってみることで自分に合うところも見えてくるようになります。

 

1,000通貨単位であれば必要証拠金も少なく済むので、何社か使ってみて、使いやすいと感じるところでひたすら練習をしつつ、資金を貯めていくのも良いでしょう。

 

もしかしたらその間にFXは向いていない、やめておこうと感じられるかもしれません。

 

それであれば無理にやる必要もなく、むしろ大きな金額を失う前に気付けた分だけラッキーなのです。

◆当サイトは掲載各社の紹介を行っております。
◆スワップポイントの記載があるものは2021年1月21日時点のものとなります。
◆掲載情報につきましては万全を期しておりますが、スプレッドやスワップポイントなどはその内容を保証するものではございません。
◆ご利用前には各公式サイトで最新情報をご確認ください。
運営会社情報